お薬屋さんのコラム

赤松薬局の横顔紹介

中仙道店と古京店のスタッフ紹介 その2

ベビーベースです。 車好きの末宗です

先月と今月はスタッフ紹介の企画です。

--中仙道店の赤松の紹介の続きです。--

さて、前回は中仙道店の薬剤師、赤松はラテンバンドでベースを弾くのが趣味と紹介しました。今回は愛用してるベースを紹介します。

愛用しているベースは、ベビーベースです。
コントラバスやウッドベースに似てますが、音色が独特です。独特過ぎる音色に合う音楽は大変少なく、ラテン音楽以外で弾いてる人はまずいない大変マニアックな楽器です。

それ故マニア以外には全く売れず20年以上前に生産終了。中古品しか現存しません。
生産数が少ない上に愛用者が手放さないため、中古品が出ることはまずなく、入手までに15年以上待ちました。岡山にあるのは多分この1本だけ、という大変珍しい楽器です。

音の立ち上がり(アタック)が強調され、音の延び(サスティン)がほとんどありません。ボーーンではなく、ボッという音です。(デッドな音といいます)
この独特な音が踊りたくなるノリとパンチを与えます。
デリケートなパーツもあり、扱いには大変気を使いますが、長く付き合うつもりです。


--古京店の末宗の紹介の続きです。--

赤松薬局古京店の薬剤師、末宗です。今回も好きなものについて書いていいと言われたので、私の好きな車について書きたいと思います。

私は子供の頃から車、特にスポーツカーが好きです。勿論最新のスポーツカーに乗ってみたいですが、高くて買えないので、25年前に造られたスポーツカーに乗っています。

この話をすると決まって「壊れないの?」と聞かれるので先にお答えすると、壊れます(笑)。突然動かなくなるようなことはまずありませんが、細かいトラブルや整備などで、年に5~6回は入院します。
いい主治医がいるので安心なのですが、全て車屋さんに頼むとお金がいくらあっても足りないので、できる整備は自分でしたり、海外から部品を安く仕入れたりします。

でも古い車でしか味わえない魅力もあります。最新の電子機器などが付いていない分、小さく軽いので、車の動きを素直に感じられ、普通に交差点を曲がるだけでも楽しいです。音や匂いも、今の車とはやはり少し違います。

色々と苦労もありますが、愛着のある車なので乗れる間は大事に乗ろうと思っています。
最大の問題は、家族の冷ややかな視線かもしれませんが…

2017/03/16

赤松薬局の横顔紹介

中仙道店と古京店のスタッフ紹介

中仙道店の赤松です 古京店の末宗です

毎月チョットだけ役立つコラムをお届けしていますが、
今月と来月はチョット趣向を変え、中仙道店と古京店のスタッフを紹介する企画にしてみました。

--まず最初は中仙道店の赤松の紹介です。--

白衣を着て薬の説明をする中仙道店の男の薬剤師。
マジメなのかそうでないのか・・・どうにも正体がつかみにくい坊主頭・・・
今回は店長の赤松祐介を紹介します。
昭和44年生まれの酉年47歳。年男です。8歳と6歳の男の子のパパです。
趣味は・・・なんとバンドでベースを弾くこと。楽器を弾きそうには全く見えないだけに意外ですね。

参加しているバンドは岡山では珍しいラテンバンド。数あるラテン音楽の一種、サルサを演奏します。ちなみに岡山で活動中しているサルサバンドはたった1つだけです。
ではどんなベースを使っているのでしょうか?次回は愛用しているベースを紹介します。
え、知りたくない?まぁまぁそう言わず・・・

--続いて赤松薬局古京店の薬剤師、末宗の紹介です。--


赤松薬局古京店の薬剤師、末宗です。古京店にいるヒョロっとした薬剤師です。
今回は好きなものについて書いていいと言われたので、私の好きな日本酒について書きたいと思います。

皆さんはお酒、好きですか?私は好きです。特に日本酒が好きです。
最近は海外でも日本酒が注目され、日本酒ブームと言われています。TV等で取り上げられ入手困難、プレミアが付いているような物もありますが、実は地元岡山にも、美味しい日本酒は沢山あります。


岡山には大小合わせると50以上の蔵元があるそうです。私が実際に訪れたことがあるのは大手を中心に10箇所程度ですが、皆さん本当に愛情とこだわりを持って、手間暇をかけて日本酒を造っています。
通常最も寒くなる1月頃に新酒の仕込みが始まって、2~4月にかけて新酒として出てきます。この時期は各蔵元で「新酒まつり」が開かれ、蔵元でしか飲めないしぼりたてのお酒も飲むことができます。これがまた格別に美味しい。しかも安い。
私は今年も南は児島、北は津山まで、できるだけ多くの新酒まつりに参加する計画を立てています。

皆さんもオススメの日本酒があったら、ぜひ教えてください。
勿論、飲み過ぎにはお互い気をつけましょう。

2017/02/16

チョット役立つマメ知識

徘徊への岡山市の取り組み

認知症のおじいちゃんやおばあちゃんが家からいなくなった、短い外出予定なのになかなか帰ってこない・・・
有吉佐和子のベストセラー、「恍惚の人」でも徘徊するおじいちゃんを捜し回る場面が1970年代に既に描かれています。

岡山市では、発見を容易にするため、「行方不明高齢者さがしてメール事業」を平成28年4月から始めています。
身長など外見の特徴、服装を発見協力者にメールで配信して、早期発見につなげるという事業です。警察とも連携します。

認知症の方で行方不明となる心配がある方が登録できます。
事前の登録により情報収集の時間が大幅に短縮できるため、スムーズな初動捜索につながり、早期の安全な発見へとつながります。特徴だけでなく、写真も登録できます。
登録すると靴のかかとに貼る反射シールが郵送されます。このシールには登録番号が印字されています。

登録や配信に費用はかかりません。
登録の申し込みは、岡山市高齢者福祉課、地域包括支援センターが窓口です。本人でも家族でも申し込めます。

また、発見協力者も募集しています。QRコードから登録ができます。
登録手続きはメールアドレスや地域の登録など数項目を入力するだけで完了します。

住み慣れた街で安心して暮らすお手伝い・・・ぜひご協力をお願いします。

2017/01/19

チョット役立つマメ知識

ヒートショックはどうすれば防げるの?

前回は気温の変化によりおきる血管の変化についてお話しました。今回はお風呂に入るまでの室温差が血圧に与える影響を考えてみます。

なぜヒートショックは寒い時期に多く起きるのでしょうか?
原因は室温の急激な変化です。

さて、冬場の一般的な室温は、居間 22℃ → 脱衣所と浴室10℃ → 湯船 41℃ → 脱衣所 10℃です。
12℃下がり、31℃上がり、31℃下がります。体周囲の大きな温度変化が血管の収縮や拡張をもたらし、血圧を大きく変動させてヒートショックにつながりやすくなります。

気温が高い夏は、室温差が少ないためヒートショックが起きにくいのです。

10℃以上の温度差は要注意と言われています。この温度差を少なくすることが最大の予防となります。

➀ミニ温風ヒーターなどで脱衣所を温める (室温差を少なくします)
➁ふたを外してお湯をはる (浴室とお湯との温度差を少なくします)
③シャワーを浴室にかける (浴室全体の室温を上げます)
④かけ湯をして体を十分に温める (体とお湯の温度差を少なくします)
⑤40℃未満のぬるめのお湯 (過度な血圧低下を防ぎます)
⑥冷え込む深夜でなく、早めの時間に入浴する (室温差を少なくします)

しっかり対策して快適な冬を過ごしましょう。

2016/12/15

チョット役立つマメ知識

ヒートショックって何?

ここ数年、ヒートショックという言葉を新聞や雑誌で見かけるようになりました。
ヒートショックとは、室温の急激な変化により血圧や脈拍が変動しておきる体の不調のことです。
変動が大きい場合は、脳梗塞や心筋梗塞、意識を失うなどの不慮の事故につながることもあります。

ヒートショックにより亡くなられる方は全国で1万4千人と推定されています。交通事故によって亡くなられる方の実に3倍以上の人数なのです。
起きる時期は11月~2月と圧倒的に冬が多く、寒い時期は要注意です。

体の周囲の温度が下がった時は、血管は収縮して血圧は高くなります。
血圧が急に高くなると心臓や血管に圧力がかかり、脳梗塞や心筋梗塞につながります。

逆に体の周囲の温度が上がった時は、血管は開いて血圧は低くなります。
血圧が急に低くなると、血圧が下がりすぎて血液がスムーズに循環しなくなり、ふらつきや失神につながるのです。

短時間に血管や血圧が大きく変化することがヒートショックにつながるのです。
ではヒートショックを防ぐ対策はどうすればよいの?次回に続きます。

2016/11/17

介護保険について

認定調査って何をするの?

前回はケアマネを見つける方法を紹介しました。
今回は介護サービスが始まるまでの手続きの1つ、認定調査についてご紹介します。

介護保険では、どの程度の介護が必要かを調査して介護度を決めます。
そのための調査が認定調査です。

調査対象となる人は、①65歳以上の方 ②40歳から64歳までの国が定める病気の人です。
申請を受けた市町村から調査が出来る資格を持ったケアマネジャーや職員が自宅へ派遣され、調査を行います

調査には、5項目、55の質問が記載された全国共通の調査票を用います。
調査結果はコンピューターで解析し、申請者に必要な「介護の量」を算出します。

調査は調査票を基にした観察や聞き取りによる客観的なものですが、緊張したり、普段よりがんばったりすることもしばしばです。
そのため、同席した家族の意見は大変参考になります。

コンピューター判定結果と主治医の意見を基に有識者による認定審査会を経て介護度が決定されます。

初めて申請する際や訪問調査を受ける際は、不安なことや分からないことがあるのはとても自然なことです。担当のケアマネや市区町村の地域包括支援センターに遠慮しないで相談しましょう。
手続きを含めて色々なことを判り易く答えてくれると思います。

理由はシンプルです。より幸せな人生を、良い人生を歩んでいただきたい・・ケアマネは皆そう願っているからです。

2016/10/20

介護保険について

ケアマネを見つけるには?編

前回はケアマネジャーのお仕事について紹介しました。
介護保険の利用を考えているけれど、ケアマネって一体どこいるの?どうやって連絡をとるの?
今回は初めてケアマネに連絡をとる方法を紹介します。

自宅に住み続けながら様々な介護サービスを受けるプランを組立てる在宅のケアマネ。
担当は市から割り振られて決まるのではなく、利用者から連絡して面談して決めます。
知ってるケアマネはいなし一体どうすれば・・・実は市役所で紹介してくれるのです。

介護保険課や地域包括支援センターで「指定居宅介護支援事業所一覧」と「介護保険の利用手引き」(岡山市は「岡山市の介護保険」)をもらいましょう。

ケアマネは「指定居宅介護支援事業所」に所属しています。
内科や整形外科の診療所、薬局、老人保健施設やサービス付高齢者住宅などの介護施設、生協などに事業所が併設されていることも多いです。

一覧から選んだ事業所に電話で連絡してみましょう。より幸せな人生を、良い人生を歩んでいただきたい・・ケアマネは皆そう願っています。親身になって相談に乗ってくれます。

ただ、利用者もケアマネも人。人と人の相性はあります。
相性が良くないな・・と感じた場合は別の事業所に当たっても問題ありません。相談した事業所と必ず契約する義務はなく、利用者の意思が尊重されます。
長い付き合いになるからこそ、本人や家族が納得できる相性の良いケアマネを選ぶことはとても大切な事なのです。

2016/09/15

介護保険について

ケアマネとは何する人?

[介護保険 ケアマネとは何する人?編]
介護保険でよく聞くケアマネージャー。一体何をする人なのでしょうか?
ケアマネージャーやケアマネは通称で、正式名称は介護支援専門員です。

保険証があれば診てもらえる医療保険とは違い、介護保険はケアマネが立てたプランを基に行われます。

介護保険では、先ず市役所に利用を申請します。介護度を判定する調査を後日行い、審査を経てサービスの利用限度額が決まります。
身体の状態、生活状況、健康状態、家族で出来る介護、自宅の状態、収入等の経済状況、今後どのような生活を送りたいという要望をふまえ、必要な介護サービスを入れたプランを考えます。
介護サービスを担当する事業所を選び、交渉して調整を行い、プランが固まった後に契約となります。契約後から介護サービスが動き出します。
この申請から契約までの一連の調整がケアマネの仕事のひとつです。
プランが動き出した後も、不便な事や困っている事を把握してプランを修正します。そのため、定期的に訪問して意向や状態を確認することも大切な仕事です。

人生の後半に出会う人、ケアマネ。その力量が利用する方の人生に大きな影響を及ぼします。
より幸せな人生を、良い人生を歩んでいただきたい・・ケアマネは皆そう願っています。

 

2016/08/18

ページトップ