お薬屋さんのコラム

介護保険について

認定調査って何をするの?

前回はケアマネを見つける方法を紹介しました。
今回は介護サービスが始まるまでの手続きの1つ、認定調査についてご紹介します。

介護保険では、どの程度の介護が必要かを調査して介護度を決めます。
そのための調査が認定調査です。

調査対象となる人は、①65歳以上の方 ②40歳から64歳までの国が定める病気の人です。
申請を受けた市町村から調査が出来る資格を持ったケアマネジャーや職員が自宅へ派遣され、調査を行います

調査には、5項目、55の質問が記載された全国共通の調査票を用います。
調査結果はコンピューターで解析し、申請者に必要な「介護の量」を算出します。

調査は調査票を基にした観察や聞き取りによる客観的なものですが、緊張したり、普段よりがんばったりすることもしばしばです。
そのため、同席した家族の意見は大変参考になります。

コンピューター判定結果と主治医の意見を基に有識者による認定審査会を経て介護度が決定されます。

初めて申請する際や訪問調査を受ける際は、不安なことや分からないことがあるのはとても自然なことです。担当のケアマネや市区町村の地域包括支援センターに遠慮しないで相談しましょう。
手続きを含めて色々なことを判り易く答えてくれると思います。

理由はシンプルです。より幸せな人生を、良い人生を歩んでいただきたい・・ケアマネは皆そう願っているからです。

2016/10/20

介護保険について

ケアマネを見つけるには?編

前回はケアマネジャーのお仕事について紹介しました。
介護保険の利用を考えているけれど、ケアマネって一体どこいるの?どうやって連絡をとるの?
今回は初めてケアマネに連絡をとる方法を紹介します。

自宅に住み続けながら様々な介護サービスを受けるプランを組立てる在宅のケアマネ。
担当は市から割り振られて決まるのではなく、利用者から連絡して面談して決めます。
知ってるケアマネはいなし一体どうすれば・・・実は市役所で紹介してくれるのです。

介護保険課や地域包括支援センターで「指定居宅介護支援事業所一覧」と「介護保険の利用手引き」(岡山市は「岡山市の介護保険」)をもらいましょう。

ケアマネは「指定居宅介護支援事業所」に所属しています。
内科や整形外科の診療所、薬局、老人保健施設やサービス付高齢者住宅などの介護施設、生協などに事業所が併設されていることも多いです。

一覧から選んだ事業所に電話で連絡してみましょう。より幸せな人生を、良い人生を歩んでいただきたい・・ケアマネは皆そう願っています。親身になって相談に乗ってくれます。

ただ、利用者もケアマネも人。人と人の相性はあります。
相性が良くないな・・と感じた場合は別の事業所に当たっても問題ありません。相談した事業所と必ず契約する義務はなく、利用者の意思が尊重されます。
長い付き合いになるからこそ、本人や家族が納得できる相性の良いケアマネを選ぶことはとても大切な事なのです。

2016/09/15

介護保険について

ケアマネとは何する人?

[介護保険 ケアマネとは何する人?編]
介護保険でよく聞くケアマネージャー。一体何をする人なのでしょうか?
ケアマネージャーやケアマネは通称で、正式名称は介護支援専門員です。

保険証があれば診てもらえる医療保険とは違い、介護保険はケアマネが立てたプランを基に行われます。

介護保険では、先ず市役所に利用を申請します。介護度を判定する調査を後日行い、審査を経てサービスの利用限度額が決まります。
身体の状態、生活状況、健康状態、家族で出来る介護、自宅の状態、収入等の経済状況、今後どのような生活を送りたいという要望をふまえ、必要な介護サービスを入れたプランを考えます。
介護サービスを担当する事業所を選び、交渉して調整を行い、プランが固まった後に契約となります。契約後から介護サービスが動き出します。
この申請から契約までの一連の調整がケアマネの仕事のひとつです。
プランが動き出した後も、不便な事や困っている事を把握してプランを修正します。そのため、定期的に訪問して意向や状態を確認することも大切な仕事です。

人生の後半に出会う人、ケアマネ。その力量が利用する方の人生に大きな影響を及ぼします。
より幸せな人生を、良い人生を歩んでいただきたい・・ケアマネは皆そう願っています。

 

2016/08/18

ページトップ